取引は全てに記録される

足立区ですぐ借りられる消費者金融ならプロミス

取引は全てに記録される

過去にカードローンを利用していたけど、金銭的に余裕が出てきたのでもう使うことはなさそうだと思ったら、だらだらと手元にカードを置くことはせずすぐに契約を解約してしまいましょう。

 

カードローンは、その利用履歴がすべて個人信頼情報機関に記録されています。申し込みを行なった時、そしてカードローンで何かしらの取引を行なえば、逐一記録が更新されていくのです。

 

個人信頼情報機関に記録されている情報は、金融機関内で共有され、住宅ローンなどを申し込んだりする場合に照会されます。複数のカードローンに契約していれば、このようなローンを組む場合不利に働くので、個人信頼情報機関の記録を出来るだけまっさらな状態にしておくことが望ましいとされています。

 

個人信頼情報機関に記録される情報は、契約を解約して一定期間が経つと自動的に削除される仕組みになっています。カードローンであれば、申し込み情報は申し込んだ時点から数えて5か月後に、契約情報は、契約を解約してから半年経つと削除されます。

 

もし、借入れをしないのに「いつか使うかも…」という理由でいつまでの手元にカードを置いておくと、個人信頼情報機関の記録はずっと残ったままになってしまうのです。カードローンの契約を残したままにしておくか、解約するかはよく考えてから慎重に対応する事が必要です。

 

これは銀行でも消費者金融でも共通のため、借りていないとしても契約が残っているとオリックス銀行カードローン審査にもあるように悪影響が出る可能性があるのです。

MENU